すべての社員が「プロフェッショナル」になる。

当社は、5つの事業部に約140名の社員が在籍しています。クライアントの業務内容や要望を深く理解しなければならない専門性の高い仕事ばかりで、全員がその分野のプロとして仕事に向き合っています。仕事を離れれば誰もが気さくな仲間。テニスや卓球、囲碁将棋などを自由に楽しむ「クラブ連合会」の活動も活発です。男女比は4:1、女性が活躍できる土壌は60年前から変わっていません。ここでは、3つの事業部の先輩社員に、仕事内容や仕事の手応えを語ってもらいました。あなたの興味を惹く仕事が、きっとあるはずです。

統計解析で、より良い医薬品づくりに貢献

Akiko Yamazaki

システムエンジニア山崎彰子

大学院で学んだ統計の知識を活かすため統計のプロが活躍するこの会社を選んだ

大学院で数理統計学を学んだ私は、「統計」をキーワードに就活を進めました。その過程で、製薬会社が新薬開発を行う際に、様々な業務を代行するCRO(Contract Research Organization:医薬品開発受託機関)と呼ばれる企業があり、臨床試験データの解析を担当していることを知ります。その中で日科技研は統計のプロが数多く在籍し、CRO業務以外にも幅広く統計解析業務を手がけていて、ここでなら自分の力を発揮できると考え、入社しました。当社の臨床データ解析事業部には製薬会社から送られてきた臨床試験の資料からデータベース作成、データ入力、クリーニング等を行う「データマネジメント」業務と、プログラムを作成し「統計解析」を行う業務の2つがあり、後者が私の担当です。

臨床試験データを「統計解析」するプログラムを作成。信頼性を高めるため、2人がそれぞれ取り組む。

新薬の有効性と安全性を統計的に立証することが、治験の目的です。治験の計画書に沿って仕様書や関連する資料を作成し、プログラミングを行うことが私の主な仕事。治験ごとに扱うデータの種類や数、統計解析の手法はまったく異なりますので、プログラムも毎回変わります。入社前は知らなかったことも多かったですが、大学で情報処理を学んでいたこともあり、実際にプログラム作成することで、少しずつ仕事に慣れていきました。当社では、品質管理を重視しており、例えば同じ解析をメインとサブの2名で担当しそれぞれがプログラムを組んで結果を比較・検証し、信頼性を高めています。臨床試験の結果は人の健康や生命に直結するので、石橋を叩いて渡るような慎重さが求められます。

統計をもっと深く学び、治験全般の知識をさらに増やし少しでも医薬の未来に貢献したい。

大きな変革期にある臨床試験
学び、悩み、自由に発想できる面白さ。

今、医薬品開発の審査申請は大きな変革期にあります。
2016年、CDISC(Clinical Data Interchange Standards Consortium)という世界標準の形式での電子データ申請が日本でも開始。現場では対応が求められています。さらに従来は個別に使用成績調査または製造販売後臨床試験を実施し確認されていた製造販売後の医薬品における安全性及び有効性について、 今後は”データベース研究(国や民間の医療情報データベースを活用)” でも行われようとしています。目的を持って集められたデータを解析することと、関連が無いデータも含まれるいわゆるビッグデータを扱うこととは、すべてが根本から異なるので、当社でも勉強会を行うなど、これからの変化に向けて積極的に対応に取り組んでいます。変革期に備えて新しく勉強し、業務で活用できることが多くなるとやりがいを感じます。

自発性を尊重し、任せてくれる風土がある
オフはランニングや囲碁でリフレッシュ!

「学びたい、成長したい」という自発性を尊重する風土がある会社です。私も様々な社外セミナーに参加させてもらい、統計と治験全般について学んでいます。知識が増えることで「この処理を汎用化できないか」と考え、試してみる機会も増えました。新規業務で自分が提案した方法を上司から任せてもらえたときは、自信になりましたね。仕事で頭を使う分、オフには体を動かします。社会人になってからランニングを始め、フルマラソンも何度も完走しました。また、会社には「クラブ連合会」というものがあり、その中の囲碁将棋部で同僚と囲碁を楽しんでいます。仕事はもちろん、プライベートも同僚とも充実した時間を過ごせていて、正にワークライフバランスが取れる会社だと思います。

新卒マイナビ / 説明会予約

新卒マイナビ説明会予約へ