1. ホーム
  2. 統計解析・品質管理
  3. 導入事例
  4. JUSEパッケージ活用事例シンポジウム

第23回 JUSEパッケージ活用事例シンポジウム

こちらのシンポジウムは終了しました.
当日は沢山の皆様にご来場いただきました.誠にありがとうございます.
当日の資料は過去のシンポジウムからご覧いただけます.

開催のご案内

「第23回 JUSEパッケージ活用事例シンポジウム」を2014年1月22日(水)に開催いたします.今年度の全体テーマは「現場に求められる統計的思考力〜データで考える力とは〜」です.

記念講演には山口 和範 教授(立教大学)をお招きいたします.さらに,JUSEパッケージ導入企業の皆様による事例報告もございます.

参加費は無料(事前申込制)です.お席に限りがございますので,お早めにお申し込みください.
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております.

開催日時および会場案内
日時 2014年1月22日(水) 10:00〜17:00 (予定)受付開始9:30
参加方法・参加費 無料 (事前にWebフォームからお申し込み下さい)
会場
定員 100名 定員になり次第締め切ります

プログラム

記念講演
ビッグデータ時代に求められる統計的思考力
―コミュニケーションと問題解決のスキル―
山口 和範 教授(立教大学)
問題解決に統計的方法や考え方が重要であることは間違いありません.ただ,個人のスキルだけで問題解決ができるわけでもありません.いま,ビッグデータ時代に求められるものは何でしょうか.一緒に考えてみましょう.
事例報告
(順不同)
未然防止にむけたロバスト設計手法の使い分けの提案
―実務者が的確なロバスト設計を行うために―
トヨタ自動車株式会社 TQM推進部 品質向上推進室 渡邉 克彦 氏
当社ではお客様を安全・安心に目的地までお届けし,心までも動かす「魅力あるクルマづくり」をグローバルビジョンに掲げている.ビジョン実現に向けた取り組みの1つとして,先行技術開発段階におけるロバスト設計手法を活用した未然防止があげられる.本発表では,品質工学や応答曲面法(ロバスト最適化)といった各種ロバスト設計方法に対し,セミナー受講者の実践活用状況を事実・データに基づいて分析することで,限られたリソーセスの中で的確なロバスト設計方法を選択し,品質・技術力向上に繋げる提案を紹介する.
制汗剤の開発に向けた統計手法の活用
―顧客ニーズにマッチした特性値を用いた品質表(QFD)と主成分分析の活用―
ライオン株式会社 品質保証部 西田 勇一 氏
市場のグローバル化,商品の多様化が進む現状の中で,特に開発商品の剤型別ポジショニングを把握し,ユーザーテストに先駆けた特性値による製品性能や使用性達成レベルの把握は重要なことであり,また今後の開発においても,それらを継続的に把握することの意義は大きい.今回,制汗剤の開発に着目し商品開発力アップを目指して,開発チームの協力のもと「品質表」「主成分分析」を活用して行った取組みについて紹介する.
ダイカスト製造現場における統計的手法を用いた不良低減事例
―実験計画法の応用による因果関係の究明―
株式会社アーレスティ山形 鋳造課 鋳造技術グループ 荘子 高志 氏
ある製品を対象に,不良を削減して生産性向上を達成した事例である.不良とそれに影響を及ぼす要因との関係を実験で検証し,得たデータをもとに対策した.実験計画法を用いて実験を効率化し,データ解析にはStatWorksを活用している.
パラメータ設計の教育機材を活用した品質教育の提案(仮)
株式会社富士ゼロックス総合教育研究所 コンサルティング部 渡部 義晴 氏
品質工学は,本や事例などを使った座学だけでは内容を理解するには難しい,という声が多い. パラメータ設計の教育機材として「コロボ君」を開発し,初心者でも2日間のセミナーでおよその概念が理解できるようになった. 本論文ではStatWorksの活用も交えて,その教育の成果について報告する.
工場品質管理ツールへのStatWorks(SW)の組み込み
三菱ガス化学株式会社 四日市工場 品質保証部 品質保証課 秋戸 賢一 氏
当社は品質・検査情報系の工場ITシステムとして日科技研社のQIMSをカスタマイズ利用している.SPC管理が重要性を増すなか,QIMSとSWのシステム連携を図り,迅速で有用な品質情報提供のインフラとして活用中.
表彰第10回「JUSE-StatWorks活用エキスパート賞」の発表と表彰
司会進行安井 清一 助教(東京理科大学)
このプログラムは2013年11月現在の内容です.
都合によりプログラムが変更になることがあります.あらかじめご了承下さい.

併設

展示・デモンストレーション・相談コーナーにて最新のJUSEパッケージの展示を行います.開発者が常駐し,製品の説明やご質問にお答えいたします.お気軽にお立ち寄りください.

お問い合わせ

ご不明な点がございましたら,弊社 数理事業部 セミナー事務局までお問い合わせください.

過去のシンポジウム開催の様子や発表資料は,過去のシンポジウム開催内容および発表資料のダウンロードからご覧いただけます.


掲載されている著作物の著作権については,制作した当事者に帰属します.
著作者の許可なく営利,非営利,イントラネットを問わず,本著作物の複製,転用,販売等を禁止します.
所属・役職・内容等は,当時のものです.

要旨集の販売について
シンポジウムの発表内容を掲載した冊子
これまでに開催された各シンポジウムの発表要旨集を販売しております.ただし在庫がない場合もございますので,あらかじめご了承下さい.ご希望の方はセミナー事務局までお問合せ下さい.
お問い合わせ窓口へ

最新のイベント・セミナー情報をご案内します

メールマガジン
最新の製品アップデート情報やセミナー・イベントなどのお知らせを,eメールでお送りします