1. ホーム
  2. 統計解析・品質管理
  3. ダウンロード
  4. テキストマイニングツール

テキストマイニングツール
SimpleWordのご紹介

本ツールのダウンロードは終了しました

SimpleWordについて

SimpleWord”は,アンケート調査などの自由回答文(テキスト)を,品詞単位の“語”に分解*1して集計・分析するための支援ツールです.類義語などを加味することにより,必要な頻度表や2元表(ケース×名詞,形容詞,副詞など)を作成でき,StatWorksと組み合わせてご利用頂くことで集計結果の多変量解析もおこなえます.

*1
テキストの分解(形態素解析)には「茶筌」が必要です

SimpleWordの特徴

アンケート調査やクレーム対応などで得られた文章データ(以下,自由回答文)を活用する方法の1つに,形態素解析があります.

形態素解析とは,自然言語の品詞分解(分かち書き)を自動的に処理することです.
例えば,「この服はおしゃれなので気に入った」は,「この + 服 + は + おしゃれ + な + ので + 気にいっ + た」と,品詞ごとの単語に分解できます.

テキストマイニングでは,このような回答(ケース)を数十,数百と集めてそれぞれ単語に分解し,単語や回答者の属性ごとに集計・解析して,データや回答者の特徴をつかみます.文字データのまま解析する場合もありますが,多くは,出現頻度などをもとに数値化し,多変量解析や各種統計手法で解析します.

SimpleWordは自由回答文の形態素解析,基本的な集計をおこなうためのExcelアドインシステムです.集計した結果はJUSE-StatWorks(総合編,StatMaster多変量解析編)を組み合わせることで,数量化III類(対応分析法)をはじめとするバラエティ豊かな解析手法で,様々な角度からデータの解析をすることができます.

解析事例

ある大学で,「図書館利用についてのご意見をお聞かせください」という質問で,アンケートを行い,22件の回答が集まりました.このデータ表をもとに形態素解析と集計,多変量解析をして,意味のある情報が得られるかをみてみましょう…解析事例の続きを見る

主な機能とサンプル画面

機能詳細
自由回答文の自動修正
  • 登録した単語の自動置換(形態素解析前に自由回答文の修正)
  • 登録同義語を代表語へ自動置換(頻度計算時)
形態素解析
  • 品詞分解し,その結果出力
クロス表集計(二元表作成)
  • 単語の出現頻度表作成
  • 回答(ケース)×単語のクロス表作成
  • 単語×属性のクロス表作成
集計結果の解析
  • StatWorksの数量化3類,判別分析の自動呼び出し

SimpleWordかとStatWorksでデータをやり取り
サンプル画面


SimpleWordのアンケート解析事例へ

【参加費無料】第27回 JUSEパッケージ活用事例シンポジウム
「ビッグデータ時代の統計的方法の有用性」
2017年12月4日(月)開催 SYD修養団ビル 2階ホール