1. ホーム
  2. 統計解析・品質管理
  3. サポート・サービス
  4. よくあるご質問

t検定の結果が欲しいのにウェルチの検定になる(よくあるご質問)

Q. 『2つの母平均の差に関する検定・推定』でt検定の結果が欲しいのにウェルチの検定がおこなわれてしまいます.操作が間違っているのでしょうか?

A.

『2つの母平均の差に関する検定・推定』ではまず「母分散に違いがあるかどうか」を検定します.

通常,帰無仮説「σ1=σ2」が「有意ではない(違いはなさそうである)」と判断できればt検定をおこないますが「有意である(違いがありそうである)」と判断されたときは「ウェルチの検定」で母平均の差の検定をおこないます.StatWorksもまず母分散の検定をおこない,その結果に応じて母平均の差の検定方法を自動的に選択しています.

更新日2011年11月15日
FAQ番号8539
カテゴリー手法・操作編(検定・推定) この手法の解説ページへ
対象製品 JUSE-StatWorks/V5 JUSE-StatWorks/V4.0
JUSE-StatWorks/V5の無料体験版をお試しください
当社製品に関する資料・カタログをお送りします
イベント案内や製品などの最新情報をお届けします
【参加費無料】第27回 JUSEパッケージ活用事例シンポジウム
「ビッグデータ時代の統計的方法の有用性」
2017年12月4日(月)開催 SYD修養団ビル 2階ホール
メールマガジン
最新の製品アップデート情報やセミナー・イベントなどのお知らせを,eメールでお送りします