1. ホーム
  2. 統計解析・品質管理
  3. 製品案内
  4. 手法一覧

基本統計量/順序統計量/相関係数とは (基本解析)

指定した各変数についての基本統計量,順序統計量,および各2変数間の組み合わせについての相関係数行列を表示する機能です.

よくあるご質問(基本解析)FAQをもっと見る

基本統計量/順序統計量/相関係数の使用方法

1. データの用意

10名の男女の身長と体重のデータがあります.

図1
図1. 男女の身長と体重のデータ

1列目はサンプル名,2列目は身長,3列目は体重,4列目は性別のデータになっています.

2. 変数の指定

メニューバーから[基本解析]-[統計量/相関係数]を起動し,変数の指定画面でサンプル名,量的変数,質的変数の全変数を指定します.

図2
図2. 変数の指定

3. 出力結果を読む

基本統計量

基本統計量が表示されます.基本統計量を見て以下のようなことが分かります.

図3
図3. 出力された基本統計量(コメント付)

順序統計量

順序統計量のタブを押すと順序統計量が表示されます.ひげの端(下),1/4分位,メディアン,4/3分位,ひげの端(上)はデータのばらつきを把握するのに役立つ指標です.

図4
図4. 出力された順序統計量(コメント付)

相関係数行列

相関係数行列のタブを押すと相関係数行列が表示されます.

図5
図5. 出力された相関係数行列(コメント付)

本システムの機能・特徴

層別
変数の指定画面で質的変数を一緒に指定すると,層ごとの統計量も計算できます.
相関係数
2変数間の相関係数はピアソン積率相関係数,ケンドール順位相関係数,スピアマン順位相関係数,偏相関係数,分散共分散のいずれかを行列形式で一覧表示することができます.
ピアソン積率相関係数量的な2変数間の関係の強さを示すための指標です.
通常は,2変数間の直線的な関係の程度を表すために用いられます.
ケンドールの順位相関係数データの大小関係から相関係数を求めたものです.
スピアマンの順位相関係数順位データから相関係数を求めたものです.
偏相関係数2つの変数間に影響を及ぼす変数がある場合,その変数の影響を除いて求めた実質的な相関係数です.
分散共分散2つの変数間の分散共分散です.
検定
母相関係数の検定(無相関の検定)結果を表示します.

※ 「画面はJUSE-StatWorks/V4.0のものです」

無料体験版をダウンロード

こちらの手法を搭載した 「JUSE-StatWorks」の体験版をお試しください.

統計的手法を身につけ,実務に生かす

イベント・セミナーのご案内

パッケージをご購入いただいた方や保守契約者の方には,割引サービスがあります.また,学生,教員,研究機関職員の方向けのアカデミック価格もございます.

【セミナー】StatWorks/V5操作入門(対象パッケージ購入で受講料無料)
統計解析入門者におすすめのセミナーを定期的に開催しております.パソコン・ソフトは弊社で用意いたしますので,ソフトをお持ちでない方もお気軽にご参加ください.
eラーニングシステム『StatCampus』のご案内
原則毎月1日開講で受講期間は3か月間
eラーニングでStatworksの操作方法や,手法理論解説のコースを提供いたします.コンテンツの一部の無料体験や各種割引もございます(パッケージ購入,保守契約者など)
自習や集合研修に…関連書籍
実務に役立つシリーズ 第5巻 『アンケート調査の計画・分析入門』
アンケート調査の計画・分析入門 企業でのアンケート調査・企画や,学生向けの実証的方法の組み立て方を解説
棟近雅彦 監修 / 鈴木督久・佐藤寧 著
定価 2,900円(税抜)

イベント案内や製品などの最新情報をお届けします

メールマガジン
最新の製品アップデート情報やセミナー・イベントなどのお知らせを,eメールでお送りします