1. ホーム
  2. 統計解析・品質管理
  3. 製品案内
  4. 手法一覧

ワークシートとは (基本処理)

ワークシートは,データの入力や編集を行うためのデータ表です.ワークシート上の列は「変数」,行は「サンプル」と呼び,ワークシート内の各セルには変数属性に応じて数値や文字が入力できます.また,この行列(2次元データ表)をシートと呼び,1つのワークシートブック内に最大8枚のシートを持つことができます.

ワークシートへのデータの入力方法には,キーボードを使って入力する方法と,ファイルから読み込む方法があります.

ワークシートでは,入力されているデータを編集・加工したり,並べ替えたりすることができます.また,変数名の入力や表示桁数の変更,解析に用いる変数・サンプルの指定もワークシート上で行えます.

本システムで扱うことのできるデータの属性には,「量的変数」,「質的変数」,「サンプル名」の3種類があります.

量的変数 数値で,重さや長さなどの連続量あるいは件数などの離散量データを入力するとき指定します.小数点以下の桁数は,0〜13まで扱えます.
質的変数 サンプルを分類するための離散量データを入力するときに指定します.253種類までの数値またはカテゴリ名が入力できます.
サンプル名 そのサンプルを識別するための文字情報です.計算では使いませんが,グラフ表示の際に,目盛やプロットを識別するために使います.

ワークシートを用いた事例をご覧いただけます
JUSE-StatWorks体験版資料「JUSE-StatWorksを使ってみよう!」
※「個人情報の取り扱いおよび利用目的について」ご同意後に,体験版ダウンロードフォームと資料のダウンロードリンクが表示されます.

よくあるご質問(ワークシート)FAQをもっと見る

本システムの機能・特徴

ワークシートで取り扱い可能なデータ
データ表 変数の数 1シート最大 1,000
サンプル数 1シート最大 100,000
データシート数 最大 8
変数属性 サンプル名 複数
量的変数 最大14桁程度
小数点以下桁数可変(0〜13)
質的変数 カテゴリ数 253
カテゴリ番号と対応する文字列を入力可
サンプルのマスク
解析から除きたいデータがある場合は,サンプルのマスクを行うことができます.
マーキング
注目したいサンプルがある場合には,サンプルのマーキングが行えます.マーキングされたサンプルは解析中に強調表示されます.
Undo(1つ前の作業に戻る)−Redo(やり直す)機能
ワークシートの編集機能で,直前の作業状態に戻り,作業をやりなおして,編集を続けて行うことができます.誤った操作により,データの削除,変更を行ったときに有効な手段です.最大30個までの作業状態を復元することができます.
小数点以下の表示桁数変更
量的変数を選択してから桁数増加,または,桁数減少ボタンを押すと,小数点以下の表示桁数が変更されます.

※ 「画面はJUSE-StatWorks/V4.0のものです」

無料体験版をダウンロード

こちらの手法を搭載した 「JUSE-StatWorks」の体験版をお試しください.

統計的手法を身につけ,実務に生かす

イベント・セミナーのご案内

パッケージをご購入いただいた方や保守契約者の方には,割引サービスがあります.また,学生,教員,研究機関職員の方向けのアカデミック価格もございます.

【セミナー】StatWorks/V5操作入門(対象パッケージ購入で受講料無料)
開催日:2016年1月,3月,5月,7月,9月,11月 / 2017年1月,3月
統計解析入門者におすすめのセミナーです.パソコン・ソフトは弊社で用意いたしますので,ソフトをお持ちでない方もお気軽にご参加ください.
eラーニングシステム『StatCampus』のご案内
原則毎月1日開講で受講期間は3か月間
eラーニングでStatworksの操作方法や,手法理論解説のコースを提供いたします.コンテンツの一部の無料体験や各種割引もございます(パッケージ購入,保守契約者など)

イベント案内や製品などの最新情報をお届けします

メールマガジン
最新の製品アップデート情報やセミナー・イベントなどのお知らせを,eメールでお送りします